これでもモペットのセキュリティーを強化したつもりです( ゚Д゚)

フキプランニング製の国産モペット自転車バイクは、現在お気に入りの相棒となり、私の足として大活躍してくれています。そんなお気に入りのモペットですが、セキュリティー面での弱点を発見しました。

保安上のモペット

そして・・・そのセキュリティー面での弱点を克服するべく早々に行動に移しました。

でも実際は完全なセキュリティー対策にはなっておらず、「モペットのセキュリティー面を少しだけ強化したつもり・・・」だけの部類になると思います(笑)

そもそもフキプランニングの国産モペットには車体を守る鍵が付いておりません。付いているのはガソリンタンクのキャップ部分の鍵のみです。

セキュリティー強化?

そこで今回は、愛車のモペットを盗難から守るべく、セキュリティー強化にのりだしました。この時点ではまだ具体的な対策は決まっておりません。行き当たりばったりの施策。。。

今回モペットのセキュリティー強化のために思い浮かんだのが、百円ショップとホームセンター、そして自転車屋とバイク屋。まずはこの順番でお店を回ってみようと思う。

そして最初に行ったのが、チャリンコ用ブースでチャリ用の鍵を売ってる百円ショップ。大手ダイソーではなくシルクに行ってみた。自転車用のコーナーには、パンク修理から始まってたくさんの自転車用備品の商品が売られています。

そこで見つけたのがダイヤルロック式の鍵。鎖部分の色はグリーン、カギは4桁のダイヤルロック式です。とりあえずこれでいっか!と思い百円ショップで自転車用のダイヤルロック式の鍵を買ってきました。

頼りないセキュリティー強化だけど、まぁいい、私の場合はモペットを通勤に使っているわけでもないし、駐輪場に長時間停めておくこともないので。。。

とりあえず鍵がついていればいいでしょう。いつでも外せるようにサドルの下部分に巻きつけました。かかった費用は100円ナリ。機会があればもう少しましな鍵を後ほど買おうと思う。

続いてヘルメット用のホルダー、さすがに百円ショップでは売っていない。

運動不足解消にチャリンコモードでのんびりとペタルを漕いでホームセンターとバイク屋に見に行ってみようと思う。

ホームセンターとバイク屋にヘルメットホルダーを見に行き、フック式の鍵を見つけました。出掛けた時にヘルメットを盗まれなければいいので、フック式の鍵にしました。

カギ類はリアキャリアに備え付けました。

モペットのセキュリティー用のカギともう一つ付いているフック式の鍵がヘルメットの盗難防止用です。

とりあえずセキュリティー強化はこれでOKでしょう。

今のところ駐車するのもせいぜい買い物の時くらいだから・・・。長時間の放置の予定はないしね。

まぁ機会があれば百円ショップの鍵ではなく、もう少しましな鍵を買おうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする