エンジン付き自転車ならモペットがおすすめですね!

個人的にエンジン付き自転車なら公道を堂々と走れるモペットがおすすめです!

そもそも公道を走れなければ、自転車にせよバイクにせよまったく用を成しませんからね。注意が必要なのは、紛らわしい電動モペッドや電動アシスト自転車に酷似した見た目そっくりの電動自転車の存在です。

消費者が誤認するような説明も問題だと思いますが、通販サイト側の表記の曖昧さやいい加減な表現にはくれぐれも惑わされないようにしてください。せっかく買っても普通の道を走れなければ意味がありません。

仮に電動自転車で公道を走った場合は、無免許運転や道交法違反、道路運送車両法違反に問われることになってしまいます。くれぐれも気をつけて下さい。

私が買ったフキプランニングの国産モペットなら違反切符をきられる心配もありませんし、燃費もそこそこ良いので個人的にはおすすめしたいです。

国民生活センターが警告を発してますが、公道を走れない「電動アシスト自転車もどき」に要注意だそうです。

国産のフキプランニングのFK310モペットとは?

ここではモペットって何だ?モペットとはどのような乗り物なの?ヨーロッパでは知名度が高いモペットも、日本ではまだまだメジャーな乗り物ではありま...

電動アシスト自転車

電動アシスト自転車がOKなのは、人力を補助するモーターを搭載しているからです。もう少し詳しく書くと、電動(モーター)により人力を補助する自転車であり、搭乗者がペダルをこがなければ走行しない乗り物が電動アシスト自転車です。これは道交法では「駆動補助機付自転車」と呼ばれ、自転車として分類されるので公道を普通に走れます。

ペダル付き電動自転車

一方、ペダル付き電動自転車は、外観は電動アシスト自転車「電動アシスト自転車もどき」に似てますが、ペダルを漕がずにモーターのみで走行できるようなものは「原動機付自転車」と見なされます。

モペット(原動機付自転車)

モペットを含む自転車バイクは原動機付自転車に分類されます。原動機付自転車に乗るには当然運転免許が必要で、軽自動車税の納付やヘルメット着用が義務付けられています。もちろんそこに保安部品などを備えていなければ公道は走れません。

フル電動自転車で公道を走行した際の罰則は?

罰則は、 無保険運行で6点減点で免許停止処分及び一年以下の懲役もしくは、50万円以下の罰金。さらに無免許では3年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金、二年間の免許欠格処分です。ヘルメットの装着義務違反は1点減点、整備不良の場合で2点減点の7千円の罰金です!

無視した場合、ざっと上げただけでもこれだけの違反は確定します。

原動機付自転車に分類されるモペットならおすすめですが、くれぐれも公道を走れない曖昧なペダル付き電動自転車「電動アシスト自転車もどき」の存在には気をつけてください。電動アシスト自転車もどきに隠れて乗っていて、万が一事故など起こしてしまった場合は、「バレなければいい!」では済まされませんからね。

通販サイト側の表記の曖昧さやいい加減な表現には惑わされないようにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする