ガソリンで走る自転車バイクのモペットはどの免許が必要になる!?

ガソリンで走る自転車バイクのモペットはどの免許が必要になるの?って会社の後輩から質問されました。確かに中途半端なフォルムだし、不思議に思うのは当然だと思う。

不思議な乗り物自転車バイク

自転車バイクでのんびりと走っていると、よく振り返って見られます。「何だあれ?」って。

普段自動車で走っていると気づかない景色も、のんびり走れる自転車バイクに乗っていると、新しい景色を発見できたりします。むかし「狭い日本そんなに急いでどこへ行く」なんてキャッチコピーがありましたが、まさにそんな乗り物が自転車バイクだと思います。

自転車にも見えるし、エンジンが付いているし・・・不思議な乗り物が自転車バイク。

自転車バイクFK310のエンジンは?

トモス(TOMOS)をはじめとする外国製の多くのモペットは50cc程度のエンジンを積んでいます。しかし、自転車バイクのFK310-LA3のエンジン排気量はたったの31.7cc(コマツゼノアBE-30型)。これって草刈り機のようなとても小さなエンジンです。従ってのんびりとゆっくりと走ります。

自転車バイクFK310の燃料は?

自転車バイクの燃料はガソリンですが、草刈り機や芝刈り機同様に混合ガソリンという形をとります。混合給油はガソリンを入れる時に一緒にオイルを混ぜてしまう形態です。

自転車バイクFK310のスピードは?

自転車バイクのモペットはとても小さなエンジンなのでスピードは期待できません。それでも自転車よりは明らかに早く走ることができます。また、ちょっとした坂道や向かい風でも疲れることなく移動することができます。

乗るのに必要な免許は?

最近では電動二輪車のbycle(バイクル)なんて、近距離移動に特化したオートバイ(bike)と自転車(cycle)の中間的な乗り物も販売されていますね。このbycle(バイクル)も私が乗る自転車バイクのモペットも、一般公道を走るには原付バイク扱いになります。

従って、運転するには原付免許が必要です。

原動機付自転車免許

18歳から取得できる普通自動車免許に対し、16歳で取得できるのが原動機付自転車免許。通称、原付免許です。普通自動車免許を取得すると、もれなく付いてくるのが原付免許です。

しかし、その2年が待てずに、まず原付免許をとって、その後、18歳になったら4輪免許を取得する!そんな流れで免許取得を計画している少年少女たちも多いのではないでしょうかね。

今はそんなのんびり走る自転車バイクでポタリングやツーリングが楽しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする