フキプランニングの自転車バイクFK310の走行形態は?

フキプランニングの自転車バイクFK310は、小さなエンジンが付いて一般公道を走ります。

フキプランニングの自転車バイクFK310で走る時には3つの走行形態がありますので、今回はそれを簡単にご紹介してみます。

自転車バイクFK310の走行形態は?

1.手元のアクセルレバーを操作して普通にバイクとして走ります。

自走するので全く疲れずに目的地に移動できます。エンジンモードの時はセルスターターではなく、ペダルを回してエンジンを始動させます。

2.スイッチを切り替えれば、無公害の自転車として走ります。

次にエンジン部分に付いているスイッチを切り替えれば、無公害の自転車として走ります。静かな街並みをゆっくりのんびり走りたい時などにはとても便利にチャリンコに変身です。

3.エンジンで走行中でもペダルが使えます。

小型エンジンのパワーを人力でアシストする形なので、電気の力でアシストしてくれる電動自転車とは逆になりますね。坂道を上る時や発進時にパワー不足を感じたら、ペダルを漕いでエンジンをアシストします。

エンジンを使ったバイク走行モードと自転車走行モードはスイッチ一つで切り替わります。しかし走行中に変えることはできませんので、一度モペットから降りてエンジン横のスイッチをまわして切り替える形です。

自転車バイクFK310の燃費は?

モペットの仕様書によると、燃費は43km/L(通常走行時)となっています。満タンで約2リットル(オプション)ですが、感覚的にもっと走るような気がしました。実際に計算してみたら倍以上は走ってました。燃費はとてもいいように思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする