モペットはバッテリーではなく特殊なガソリンで走ります!

私が購入したモペットは、バッテリーではなく、ガソリンタンクに燃料を入れて走ります。その燃料が特殊で混合ガソリンと呼ばれるものです。

モペットの燃料(混合ガソリン)

混合ガソリン(混合燃料)は混合比という比率で自分で作成します。2サイクルエンジンの草刈機(刈払い機)やチェンソーの燃料が混合ガソリンです。

混合ガソリン(混合燃料)に慣れている人には何でもない事なのですが、初めての人はちょっとドキドキの混合燃料の作成になるかも知れません。

注意事項は、買って来たガソリンをそのままモペットに入れてはダメです。草刈機やチェンソーも同じ。(2サイクルエンジンの場合)

ガソリンだけを入れた状態でモペットを走らせると、最初はものすごく調子が良いのですが、しばらくするとエンジンが重たくなってきて、エンジンを止めたらそれっきり。焼きついて動かなくなってしまいます。要はエンジンの終わりです。

モペットの2サイクルエンジンには必ず混合燃料を入れてください。

モペットの混合ガソリン(混合燃料)を作るのに必要な物

1.ガソリン

レギュラーガソリンで大丈夫です。金属製のタンクを持参してガソリンスタンドに買いに行きましょう。※消防法により、樹脂製のタンクでは売ってくれません。

私は10Lのガソリン携行缶を使っています。とくに問題なく使えてます。

楽天市場:ガソリン携行缶

YAZAWA (矢澤産業) ガソリン携行缶 横型タイプ 10L 消防法適合品 YG10

新品価格
¥5,800から
(2019/2/22 23:16時点)

2サイクル用エンジンオイル

フキプランニングでは「ゼノア純正2サイクルエンジンオイル」を推奨しています。レギュラーガソリンと「ゼノア純正2サイクルエンジンオイル」とを混ぜてからモペットのガソリンタンクに給油して下さい。混合比40:1(ガソリン:エンジンオイル)です。

ゼノア純正 2サイクルエンジンオイル FD級 50:1 【チェンソー】【刈払機】【混合ガソリン】【ze-578020401】

価格:1,749円
(2019/2/23 09:01時点)
感想(1件)

2サイクルエンジンオイルは市販のものでも構いません。その場合、使うオイルの混合比で混合して下さい。だいたい側面に混合比が書かれています。指定されていない場合は、30:1で混合すれば大丈夫だと思います。

面倒な場合、慣れるまでは元からエンジンオイルが混合されている「ゼノア純正ビックバンガソリン」がおすすめです。

最初から混合されているので手間いらずの面倒いらずで楽です。問題はコスパのみ。

ゼノア純正 混合ガソリンビックバンガソリン 1リットル ビッグバンガソリン

価格:1,663円
(2019/2/22 23:28時点)
感想(1件)

混合燃料作成容器

これがあると作成から持ち運び、保管までが出来ますので便利です。混合容器があると混合燃料の作成に手を汚さず簡単に作れます。

容量は2リットル位が使いやすいと思います。貼られている説明シールには、作る時の配合比率も書いてあるので安心です。

新ダイワ 混合容器 ポリミックス 2L X624-000010 【混合容器 草刈機 刈払い機 2サイクルエンジン 混合計量タンク 混合燃料 混合ガソリン 作成】【おしゃれ おすすめ】[CB99]

価格:2,700円
(2019/2/23 09:13時点)
感想(1件)

燃料ポンプ

ガソリンを移すのにあると便利なので買っておきましょう。ホームセンターでも売ってます。

自動停止型灯油オートポンプ TP-M20

新品価格
¥713から
(2019/2/23 09:18時点)

センタック(SENDAK) 【自動停止型】スーパーポンプ ブザー付 SP-97BF 電動灯油ポンプ 電動ポンプ 石油ストーブポンプ 石油ファンヒーターポンプ 【送料無料】【あす楽】

価格:1,590円
(2019/2/23 09:20時点)
感想(21件)

2サイクルエンジンオイルの等級

2サイクルエンジンオイルには等級があります。一般的にFA、FB、FC、FDという等級があって、後に行くほど品質が高くなります。等級の高いオイルを買っておけば間違いないでしょう。

バッテリーで走るモペット

私が購入したフキプランニングの国産モペットは混合ガソリンで走ります。しかし、ネット通販を検索すると、バッテリーで走るモペットが数多くヒットします。しかしこれは、「モペット型の電動自転車」に分類されるものです。

このモペット型電動自転車は中国製などが多く「一般公道は走れません」。

折り畳みのモペット型電動自転車などもあって、パワーのあるバッテリーを積んで楽々に坂道を上る!なんてキャッチコピーで通販されています。

電動アシスト自転車を購入したつもりが、実は公道を走れない電動モペッドだった。なんて方も多くいるのも間違いやすいからです。

全国消費生活情報ネットワークシステムには、ここ数年で、ネット通販で電動アシスト自転車だと思って購入したつもりが、実際には電動アシスト自転車に外観が酷似した電動自転車だったというケースが多いらしい。

電動アシスト自転車と電動自転車の違い

電動アシスト自転車と電動自転車は、外見はとても酷似している。でもその性質や取り扱いは大きく異なります。電動自転車とは、ペダルを漕がずに動力のみで走行できる自転車のことです。これは道路交通法上は原動機付自転車として扱われます。

従ってブレーキランプなどの保安器具の取り付けやナンバープレートの取得。また保険に加入しなければ公道を走ることはできません。

せっかく買っても、堂々と公道を走れないような乗り物は移動の意味を成しませんね。

安いとか、乗ってもばれないとかでハラハラドキドキしながら通勤や通学、ツーリングなどに使えない乗り物には十分に注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする