モペット?いやモペッド?それともバタバタが正解!?

モペット自転車バイク

モペットは「自転車」と「バイク」が合体した一風変わった楽しい乗り物です。

私が発生した見た目はそのまま自転車にエンジンが付いている形態の国産モペットもありますが、どちらかというとバイクに近い、トモス(TOMOS )のような外車のモペットなどがあります。

モペッド?それともモペット

モペットの語源は、バイクであるモーター(MOTOR)と自転車のペダル(PEDAL)を合わせた「Moped」です。スペルの読みはモペッドになりそうですが、日本語の発音としては「モペット」が正解だそうです。

また、戦後の日本では「バタバタ」や、あるいは「ペケペケ」と呼ばれ、交通手段の一つとして活躍していた古き時代もあったようです。ALWAYS 三丁目の夕日の世界ですよね。

バタバタ

これはホンダの創業者、本田宗一郎氏が昭和20年代に開発して大ヒットした自転車バイクを「バタバタ」として呼ぶようになったみたいです。1946年、本田宗一郎氏が最初に作った製品が「バタバタ」であり、当時、静岡県(現浜松市)の道を爆音を立てて自転車が走ったのがモペットのルーツ。

初号機に最初に乗ったのが本田宗一郎氏の奥さんで、モンペ姿で浜松を走っていたようです。
自転車の後部には湯たんぽ(代用ガソリン)が取り付けられ、軍の発電用のエンジンで動いていたというから驚きです。

何でも戦後の焼け野原でこのエンジン付き自転車は走り、それを見た人々から大人気となり、走る爆音のうるささから見たまんまの「バタバタ」と呼ばれるようになったようです。まさに原付自転車の原点ですよね。

画像は1947に初めてホンダの名で製品化した自転車用補助エンジンの「ホンダ A型」。ホンダA型の補助エンジンを市販の自転車に簡単に取り付けられた。

生産:1947~1951年まで継続生産された大ヒット商品。

●ホンダ A型

エンジン種類:空冷2サイクル単気筒ロータリーバルブ
排気量:50㏄
最高出力:1PS / 5,000rpm
最高速度:45km/h
車両重量:10kg

現在販売しているモペッドは、トモス(TOMOS )のようにほとんどがヨーロッパの輸入外車ですが、かつては日本国内でもホンダをはじめ、スズキなどから普通に作られ販売されていました。また、自転車メーカーとしての知名度が高いブリヂストンも自転車に取付用のエンジンを発売していたようです。まさにこの頃に「ぺケペケ」や「パタパタ」、「バタバタ」などと呼ばれていたようです。

スズキ車のモペット

1952年にスズキがパワフリー:36ccを発売した。その後、ダイヤモンドフリー:50cc、ミニフリーシリーズ:50ccを1959年まで発売していました。

ブリヂストンの取付エンジン

1954年にブリヂストンは、50ccの富士精機製エンジンを用いた自転車に取付エンジンを販売していた。チャリンコのイメージが強いブリヂストンも当時はオートバイも販売していたようです。

日本の自転車用取付エンジンは、前後輪間のフレーム前三角部分、または後輪の側面にエンジンを取り付けていた。

完成品ペダル付きオートバイ

完成品としてのペダル付きオートバイ(モペット)は1957年にタス・モーペッドが発売され、翌年の1958年にスズキがスズモペット(50cc)を発売している。

現行のモペット

知名度が高い現行のモペットと言えば、やはりヨーロッパ車が圧倒的に多くなります。

メジャーなところで言えばスロベニア共和国の「トモス(TOMOS )」、プジョーの「ヴォーグ」、ピアッジオの「チャオ」や「ブラボー」、ザックスのオプティマになるでしょう。

いずれにしても、お洒落な雰囲気をまとった原動機付自転車といった感じです。ヨーロッパの街並みにピッタシの自転車バイクですね。

昔のヨーロッパではモペッドに関しては運転免許が必要なかった国が多かったようです。かつてのフランス映画を見ていると、登場することが多い庶民の乗り物が大ヒットにつながった。ちなみに現在のEU加盟国は運転免許が必要となっているようです。

現行の国産モペット

今回私が買うことにしたモペットは、ヨーロッパ車ではなく国産のモペットです。フキプランニング製の自転車寄りのモペット。排気量はたったの31㏄。でも堂々と一般公道を走れる原付バイクです。

モペットのことを今はオート自転車や自転車バイク、エンジン付き自転車なんて呼ぶ人もいます。でも今のモペットは見た目がスマートなので、どう見ても「バタバタ」って感じではないですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする