公道を走れる国産モペットが家にやって来た!

やったー!

待ちに待った一般公道を堂々と走れるモペットFK310LAⅢが家にやって来た!

フキプランニングに発注してからちょうど二週間くらいかな。モペットバイクはお昼近くに佐川急便にて大きな段ボールに入って家にやって来ました。

モペットを乗り出す手続き

もう既に役所でナンバープレートを取得して、コンビニで保険料を振り込み自賠責保険にも加入済み。どちらの手続きも思いのほか簡単だった。

ナンバープレート

ホント久しぶりの原付のナンバープレートを取得した。実際に役所に行って自分でやってみて、ナンバープレートの取得方法は意外に簡単だったです。初めて乗った原付は、確かバイク屋に全部任せた気がする。記憶がないくらい大昔にね・・・

ナンバープレートの入手は管理が陸運局となっていて、原付バイク(排気量125cc以下)の場合、住民票登録した地域の市役所で行うものです。

そこで今回は家から近い役所の出先機関の支所でナンバープレートを入手してきました。

原付バイクのナンバープレートの取得に必要な要素としては、書類の準備をして提出する必要があります。でも簡単です。書類はフキプランニングからFK310の発送時に添付されてきました。書類は販売証明書仕様保証証の二通です。

この書類と印鑑を持って住民登録のある役所に行けば、ものの10分くらいでナンバー取得手続きは完了します。思いのほか簡単にナンバーが入手できました!

補足:運転免許証等の身分証明書類が必要になります。

自賠責保険

ナンバープレートの取得と同時に自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の加入も忘れずに行います。加入の手続きは、損害保険会社の代理店もしくは、自動車販売店、バイク店、コンビニエンスストア(セブンイレブン)等で受け付けています。

私はナンバープレートを取得した帰りにセブンイレブンに寄って自賠責保険に加入しました。こちらも簡単でした。

セブンイレブン自賠責保険

セブンイレブンで入る三井住友海上のバイク自賠責保険は、24時間365日いつでも申し込み可能です。しかもその場でステッカーと証明書が受け取れます。自賠責保険は最大5年までかけられます。年数が多いほど、1年当たりの保険料は安くなります。

※原動機付自転車、車検不要の排気量250cc以下の二輪自動車の自賠責保険に対応。

フキプランニングから届いたモペットを組み立て

まずは開封の儀式です(*^^)v

フキプランニングから届いたモペットは、かなり大きい箱に前輪とペダルとハンドルが外された状態で梱包されている。

実はこの時ここには佐川急便のドライバーもいるんです。ドライバーが「モペットは見たことないんで見てても良いですか?」だって。私と同じくらいに中身のモペットが気になっている模様。さすが佐川急便、少しだけ見学して「ありがとうございました」と言って仕事に戻りました。

梱包の都合だと思うが、フロントタイヤにハンドル、左右のペダル、ギアボックスブリーザーが外されて送られてきた。

フキプランニングからサービス品の「ゼノア純正2サイクルエンジンオイル」と「ゼノア純正ビッグバンガソリン2サイクルオイル混合ガソリン」が一緒に同梱されていた。それと組み立て用の工具類一式と組み立て設計図ね。

子供の頃からプラモデルの作成は得意だったから、このくらいの組み立てなら大丈夫でしょう!おおむね仕上がっているしね。

もう既にナンバープレートに燃料もあるので、組み立てが完了すればとりあえずテスト走行が出来る。

よーし、モペットの組み立てに頑張るぞー!

送られてきた段ボールの中身を見ると、オプションで付けたリアキャリアはもう既に装着済みだった。

取り扱い説明書を見る限り、組み立ても比較的に簡単に出来そうな感じがする。順番通りにやればね。まさにプラモを組み立てる要領で!

画像の通り、ペダルなど、これから組み立てなきゃならない備品とそれに伴う工具類も全て揃っていた。

あとは取説見ながらプラモデルのようにやる気を出して組み立てるのみだ!

取説見ながら付属の工具で一つ一つモペットを組み立てる。写真は後輪のShimano製ハイパーブレーキ部分。肝心な部分はネジボルトのゆるみがないように確認しながらの組み立て。

コンビニでもらってきた自賠責保険のステッカーを貼り付けてナンバープレートをモペットに装着する。いよいよいい感じに仕上がってきたぞ。

考えてみれば・・・大きいバイクと違ってこのクラスは諸費用に年間の維持費が安いからいいですよね。SR400に乗っていた当時は維持費がバカに出来なかったから。

ハンドル左部分にはオプションで付けた三段変速機。まあこれは付けて正解だっただろう。

握った感じ、変速操作も簡単そうだ。

無事にモペットの組み立てが完了した!

うーん、国産モペットもスマートでなかなかカッコイイじゃんねー!

さぁ混合ガソリンを給油して、いよいよ待ちに待ったテスト走行だぁー。メット、メット。

モペットのテスト走行

テスト走行はちゃんとメットを被って近所の公園まで来ました。来る途中、顔に当たる風が何とも心地よかったです。バイクモード、自転車モードの両方を試しました。

自転車モードは、思ったより軽く走ります。自転車に乗っている感覚で、エンジンなどの重さを全く感じません。運動不足解消に良い感じです。

バイクモードもアクセルの違和感もなく、楽々に走行できます。坂道もまったく問題ありませんでした。

いい相棒ができました。モペットは脚となり活躍してくれそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする